企業人✕海外(英語)✕転職のキャリアログ

日本育ち留学なしでTOEIC420から英語を勉強することを決心。その後海外勤務。うまく組織を使って生き抜きたい組織人のブログです。

ずらしたキャリアと理想の仕事

 

転職について最近考えることが多いので、キャリアをズラすことの意味と、自分の理想の仕事について、自分のこれまでのキャリアを考えてみた。

 

 

ズラすキャリアの要素

丸尾が意識して職歴に書いている要素は下の3つ。

  • 業界
  • 職種

例えば、 一番初めのキャリアは、日本の、IT業界の、ITエンジニアだった。設計してプログラム書いてテストしてとバリバリの下流工程含めた黙々と1年はこなしていた。

ちなみに、この経験が今の自分の職歴の中で映えることを当時は知らなかった。

 

 

 

 

キャリアをずらす

 

異動・昇進・転職をしてくるなかで、先程の3要素のうち1つを常に変えてくることができていた。職種→国→業界→・・・このアクションをキャリアをズラしたと呼んでいる。このズラしのメリットについては、変わった1要素については、猛烈な勢いで勝手にキャッチアップできるということだ。最初は新しい要素に疲れるんだけど、無意識のうちに自分自身で学習をしているんだと思われる。気づいたらキャッチアップができていて、そのときには自分のできることの幅が広がっているのだ。同じ環境にいるのではなくて環境を変えなさいと言われるのは、まさにこのメリットに集約されていると思っている。

 

 

 

また、同じ環境のなかで抜きんでるのは正直つらいが、経験やバックグラウンドが異なるところに飛び込むと、当然、自分にだけ貢献できることがある。それは、新しい環境でやってきた自分の大きな支えだった。貢献できるところがなければ早々にダウンしているだろう。

 

 

 

次のポジションで試したいこと

キャリアを1要素だけずらし続けてきた結果に、今は満足しています。キャリアの幅は広がっているし、一貫性を築けているし、掛け合わせで自在としてのレア度もあがるし、幸運にも常に年収は上がり続けています。これからも過去のキャリアと経験を掛け合わせて、市場価値を高めにいく戦略は、使い続けます。その一方で、次のポジションでは、キャリアをズラすだけでなく、このツイートの言っていることも参考にしたいと思っています。こちらです。

 

 

 

 

 「新たに次は◯◯したい」という未来マインド。

 

 

 

 

こういう状態で仕事をしたい

もちろん、◯◯をしたい!というのがあれば最高なわけですが、自分にはそんな好きなことはありません。好きなことを仕事にしろと言われ続けても、仕事にしたいほど好きなことがないわけです。現実解として、得意なことを、好きになるようにして、それを仕事にするというアプローチのほうが前に進めるし自分にあってる気がしています。悲観的になっておらず、「ないのでしょうがないじゃないか」と開きなおっています。これが自分の立ち位置なので、そういった好きなことがない前提で考えています。

 

だから、「適切な難易度のチャレンジングな仕事ができている。」「自分の能力が活きて貢献もできている。」「将来使える経験が積めている。」「人間関係はそれなりに良好」という自分の理想とする状態をきっちり言葉で定義して、「そういうところで、こういう状態で、未来につながるこういう仕事をしたい」という未来志向で次のポジションは考えていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

ということで転職活動行ってきます。

 

 

 

PS:世にスーパースターの本が溢れている中、きっちりした普通の転職を体系的にまとめてあるいい本です。これを読んでつらつら考えるのが最初の一歩にするといいと思います。

 

 

転職に向いている人 転職してはいけない人

転職に向いている人 転職してはいけない人

 

 

 

 

丸尾

 

 

 

堀江貴文さんの「これからを稼ごう」〜時代を読めても頑張らないと意味がない

 

 

堀江さんの「これからを稼ごう」にはサブタイトルのとおり、仮想通貨と未来のお話がわかりやすい言葉で書かれている。でも仮想通貨の台頭と今のお金がオワコンの未来方向性が見えたからといって、個人が幸せになるわけでもなく、その方向性を踏まえたうえで頑張らないと、自分自身の幸せにはつながっていかないわけです。

 

 

 

ビットコインが現実のお金の流れに近づいている

仮想通貨周りの盗難事件は、現実のお金で発生している偽札事件と本質的には同じものであり、そこから仮想通貨がリアルなお金の動きに近くなってきていることが読み取れる。もちろん凡人丸尾の目からみると、決済(お金で価値を買うところ)にビットコインはまだまだ使えない現状では、仮想通貨とリアルのお金が似てきているといわれてもピンとはこない。でも逆に言うと決済に使えるようになるのは最終局面であり、その時には本当にお金(=法定通貨)と同じ役割をしていることになるわけで、何事も普及しはじめたときはこんなものなのかもしれない。1980年代のインターネットのように爆発的なイノベーションの前兆もこんな風だったのだろうか。いずれにせよ、マウントゴックス事件のときよりも広く知れ渡ったのは間違いないわけです。 

 

 

ビットコインの基本

本書ではビットコインの基本が解説されている。3つの技術とその効用さえ抑えておければ当面ニュースを読む分には困らなさそう。

 

 

 

イーサリアムとスマートコントラクト

この3つの基本ポイントを、通貨という形ではなくて契約に応用したものがよく聞く「スマートコントラクト」である。恥ずかしながら、ビットコインイーサリアムの本質的な違いをこの本で知りました。正直イーサリアムってアルトコインの1つだと思ってましたが、本質は「Code is Law」「プログラムこそが法律である」という思想を現実に起こせる仕掛けなんですね。まさにビットコインにつぐランキングにいるべき存在ということを理解できたのは収穫でした。

 

 

 

 

・お金が余っていてオワコンという話。 

現代は金余りの時代と言われていることにも触れられている。その転換点は1970年代に、これまで約束されていた「お金を金(金、価値があるもの)と交換すること」が保証されないように変更されたことにあるらしい。これによって、「不換紙幣」=完全にバーチャルなお金が誕生し、レバレッジ信用創造が可能になって社会の資本が倍増していったという物語になっているのだそうだ。さらには、中央銀行量的緩和などでお金を供給しつづける仕組みとテクノロジー=コンピュータの発達もあり、現代では金があまり始めている。行き着く先は、お金を出しても価値が変えない時代(=金余りの時代)であり、これがポスト資本主義である価値主義の大枠なのでしょう。

 

 

 ・トークンエコノミー

ブロックチェーンを活用することでトークンと呼ばれる各経済圏のみで使える仮想通貨が登場してくる。そうすると、各経済圏の原則に従って価値が評価されるようになる。なぜならば、グローバル単一指標であるお金では評価できていなかった価値が、各経済圏で評価されることになるからです。

お金で評価出来ていない価値って今の世の中にあるのかという質問ですが、結構あります。例えば、UberAirbnbとかも価値が評価されていなかった空き家や空き車に価値を値付けしてますし、暇な人の時間とかも今までは値付けされてなかったですよね。

こういう今まで値付けがされていなかったものに、仮想通貨とトークンエコノミーはバンバン価値を付けていけるポテンシャルがあるのです。そしてそれは、各経済圏で評価される価値すらない人にはつらい世の中です。

 

 

 

・価値を高めるしかない

結局、価値を高めるしかない。誰かを喜ばせるための何かを身に着けなければいけなしけれど、それはすぐには高まらない。凡人にできるのは新時代を予測して、そこに自分の好きなことと得意なことをかけあわせてポジションをとって、求められる継続力を発揮して頑張ることだけ。

もちろん、今と違ってムダな苦労や汗水は評価されなくなるので、残酷な真理を背に価値を身につけるべく頑張らないといけません。堀江さんも「勇気を出して一歩踏み出して、頑張る」ことでしか前にススメないということを言っています。

 

 

・じゃあどうやって頑張るの? 

何かを身につけるには、とにかく1万時間の継続が必要と言われています。継続力の科学的裏付けと方法論は、この無料動画とこの本だけで充分なので、ぜひこれらを読んでがんばりましょう。

 

 

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

 

 

 

堀江さんのこの本は、とにかく読みやすい本なので、みなさんもぜひ。

 

これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

 

 

 

 

丸尾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真の情報リテラシーを考える

 

インターネットに散乱する情報の何を信じればいいのだろうか。 

 

インターネットには情報が真実も虚偽も等価なWebページとして散乱している。実際は等価なものには力が働いて、良く出回る情報と出回らない情報が確実にあるみたいだが、よく出回る情報が正しいのかというと、実はどうやらそんなこともないのでやっぱり等価でどれを信じればいいかわからない。そんな中で個人としてどうやって正しい情報にアクセスして取得していけばいいのだろうか。

 

 

これのヒントとなる意見を述べているTED動画が下記です。

 

Fakeニュースによって、 防げたはずの悲劇が防げなかった話。

How fake news does real harm (Stephanie Busari | TEDLagos Ideas Search) 

ted.com

 

記事をシェアするときに 見出し以外は 読んでさえいない人もいます 覚えのある方いませんか? 私がそうです でも もし私たちが 見つけた情報を 鵜呑みにするのをやめたなら? もし 私たちが少し立ち止まって 自分が流した情報から生じる結果や そこから暴力や憎しみが生まれる可能性を 考えたとしたら? 少し立ち止まって 自分がネット上でシェアした情報が 現実世界に及ぼす結果を考えたとしたら?

 

 

GoogleFacebookアルゴリズムDeNA的な一時期著作権ロンダリングするようなキュレーションメディアもありましたよね・・・)を責めるのももちろんいいけれど、1人1人が発信者のマインドでそれぞれの情報を吟味して考えて、その上で発信やシェアしていくマインドをもっていくことが大事なんですね。

 

情報に対する心構えはわかりました。とはいえ、心構えができたとしても良い情報にアクセスできないとどうしようもないですよね。どうすれば良い情報へアクセスしていくことができるのでしょうか。

 

 

私が実践していることは下の3つです。


①自分が追うべきキュレーターを見つける

正直ネット上には情報が多すぎて何を追えばいいのか、何が真実なのかはよくわからない。だからこそ面白い記事を選んで紹介してくれてる信頼できる(信頼できそうだと自分が思う)人を何人かフォローして、その重み付けをもって情報をながめる。

 

 

②本を読む
そういったキュレーターや、古典、そして一流の専門家が長い時間をかけて書いた本を読む。言うまでもなく当たり前ではあるが、正しい本のコスパは異常だ。

 

 

③理解する 

そのままではなくて、自分の言葉で焼き直すことで腹まで理解しておかないといけない。この作業が欠落すると、ただの情報拡散マシーンとなってしまう。このTED動画に書いてある発信者のマインドセットは、これに近そう。

 

 

 

 

インターネットは、正しく情報にリーチできれば非常に有用であるが、真実も虚偽も等価に存在、散乱していて、どうやって正しい情報を取得していくのかが見えなくなってきている。良質なキュレーターをフォローしていないと、このインターネットから何を吸い上げればいいのかもわからない。 

 

 

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

 

   

人と人の「つながり」を介して情報をやりとりする時代が来たのだ。そこには人を軸にした、新しい情報圏が生まれている。いまやだれもが自ら情報を選んで、意味づけし、みんなと共有する「一億総キュレーション」の時代なのである。シェア、ソーシャル、チェックインなどの新現象を読み解きながら、大変化の本質をえぐる、渾身の情報社会論。

 

 

キュレーション時代には、自分自身も受け手・発信者と双方のリテラシーをアップデートし続けないといけない。その大事なポイントは、反射的に動くのではなくて、少しだけ、少しだけ立ち止まってその情報の裏側を考えることだろう。

 

 

 

丸尾

 

 

【感想】教養としてのテクノロジー

 

AIも仮想通貨もブロックチェーンも、今流行りの技術です。

 

もちろん難しい技術の組み合わせであり、理解は容易ではない一方、これらテクノロジーが何をできるのか、どういう社会インパクトを与えようとしているのかというレベルでは社会に生きる人間として知っておく必要がある。

 

仮想通貨は、国家のあり方を変えようとしているし、

ブロックチェーンは、資本主義を変えようとしている。

さらに、AIは労働を変えようとしている。

 

どれも自分たちの生きる社会を根幹から変えようとしており、そういう文脈で教養としてテクノロジーを知っているべきだということです。

 

 

 

【自動運転と倫理】

自動運転とトロッコ問題での倫理については技術が教養たる理由が腑に落ちた。

 

①自動運転モードのままだと、7人の家族にぶつかります。

 

②運転手がハンドルを切れば、7人は助かるけど1人の青年にぶつかります。

 

こういうケースを想定したときにルールはどうあるべきなのだろうか。

 

①は開発者の罪なのだろうか。

だとしたら、②は7人を助けようと冷静かつ残酷な判断をした運転手の罪なのだろうか。

 

開発者にも、アルゴリズムを作った、アルゴリズムを車体に搭載した、いずれの人の罪なのだろうか。法人格なのだろうか。

 

そして、もしそういうルールだったときに、あなたはハンドルを切れますか?

 

もうすぐこんな未来がくるときに、どういうルールにすればいいのだろうか。

 

 

丸尾

いい人材を採用するためには?

 

完璧な履歴書をもっていなくても、光るモノがある人はたくさんいるのでそういう人を採用しようというTED動画。

 

子供時代に逆境を経験している人は1/3は生産性の高い人生を送っているとのことで、確かにそういう人は単なる高学歴の人よりも優秀だというのは納得です。

 

例えば、AさんBさんという2人の候補者がいたときに

 

Aさんの履歴書
・一流大卒の成績優秀者
・一流の両親
・完璧な動機

 

Bさんの履歴書
・両親から 養子に出され
・大学中退
・職を転々
・読字障害

 

あなたはどちらを選びますか? 

 

Aを選んでしまう気がしますね。 逆境を経験したことがあるかないかは、確かに大きな違いがるという直感は自分もある。けど、中々それを面接で見抜くのは難しいんだよね。

 

 

しかし、Bはスティーブ・ジョブス(のステータス)なので、この考えだと落としてしまいます。。

 

www.ted.com

 

 

難しいですね。採用に携わる方はぜひ。 

 

 

丸尾

ロイヤルコペンハーゲンというブランド

 

こんにちは、丸尾です。

 

先日、妻のつきそいで、ロイヤルコペンハーゲンというブランドの10年ぶりの新作お披露目会へ行ってきました。

 

ロイヤルコペンハーゲンといえば、有名高級ブランド食器です。

1枚1枚の食器を、熟練のペインターが描き、それを焼いているから、真に同じ食器は世の中に全くないという食器です。

 

 

自分の食器が世界に1枚しかないなんて、ゾクゾクしますか?

 

 

 

ちなみに、私はしません。

 

 

 

食器という機能にしては値段がとても高いので、自分のために買うことはないと断言できます。うちも、このブランドの食器を使っているのですが、全てお祝いで頂いた食器です。

 

 

 

そんなロイヤルコペンハーゲン

デンマークに本部があります。去年は日本とデンマークの外交関係が150周年。今年は彼らが日本に進出して50周年だったらしく、それなりに歴史があるようです。今回の新作については、お披露目・販売を日本先行で行っているらしいです。

 

 

 

こちらが、新作のblomst(ブルームスト・デンマーク語で「花」)

 

 

 

オランダ人アーティストWouter Dolkさんが、牡丹やフレンチアネモネ、ヒヤシンスなど世界中の花を元にしてデザインなさっているそうです。

 

 

ちなみにこちらが当日デモをしていた作成過程。

 

 

 

 

 

コペンハーゲンは、A passion for blue (青への情熱)というだけあって、青いデザインが多いのですが、あれは高温1000度以上で焼きあげた結果青色が残りやすいのだそうです。

 

 

(写真は妻加工)

 

 

 

 

とにかく、一生分のロイヤルコペンハーゲンを見ました。

 

 

 

 

 

デンマークから来日されていたマーケティング部長に伺ってみると、なんと日本は二番目のマーケットとのこと。

 

 

日本が新作発表会の場になっている理由がわかった気がしました。もう一度眺めると、どことなく”和”の雰囲気があるような気がします。

 

 

 

 

 

アジアを意識している(気がする)。

 

 

 

 

もうひとつ、ギフト需要をかなり重要視しているとおっしゃっていました。

 

 

たしかに自分も、自分のためには買わないのですが、ギフトやお祝いでは何回か贈っています。価格とブランド感と食器という用途が、ギフトとしてすごくちょうどいいんですよね。(人にあげるときには、機能価値よりブランド価値を感じてしまってます)

そして、実際うちにもギフトでもらった食器がいくつかあります。これはもう、買ってるのと同じですね。

 

 

コレクター需要とギフト需要で、世にロイヤルコペンハーゲンが溢れていく構図が、頭の中に流れてきました。

 

 

ダンスとか歌とか、そのデザイナーさんのデモンストレーションとかもあり、楽しく過ごせました。空間の使い方もアーティスティックでしたね。

 

 

言葉、空間、見せ方は、取り入れたいと思います。

 

丸尾

twitter.com

どの程度の英語力を目指すべきなのか

 

こんにちは、働きながらTOEIC420→980に駆け上がって海外で働いてきた丸尾です。

 

英語学習で大事なことは、

 

①ゴールを明確にして、

 

②現状自分に足りないものを把握し、

 

③その部分を補強するために意図をもって学習する

 

なので、学習方法自体は、自分に合うモノをやっていけば良いと思います。とはいえ、本当に業者や学習方法が色々ありすぎて、迷いますし、私自身も大量の無駄なお金と時間を投下した失敗があります。

 

 

学習のゴールについては、明確にイメージを持っておきましょう。ゴールとなる目的やレベルは人それぞれですが、いま海外経験ゼロの人がビジネスで使える英語を目標とする場合、下のような目標がいいと思います。

 

単語:仕事関連の文章や論文の95%以上は知ってる単語。
→知らない単語をゼロにする必要はないですが、ストレスなく読める単語力は必須です。例えば短い記事をだいたい500語くらいとすると、このうちの480語位知ってれば大筋は読めます。
ちなみに80%知ってればいいのではないかという声があるかもしれませんが、「500語のうち、100語知らない単語の記事」と置き換えると、足りないのがわかりますよね。

 

リスニング:集中した2〜3文はナチュラルスピードで聞き取れる。
→これは、質問したとき、されたときなどの特定のケースであればコミニケーションがとれることを目標にしています。あともうひとつ、リスニングは集中力勝負なので、英語学習の目標としては、2〜3文という数値目標が一番集中力が続いて効果が出やすいという理由があります。もちろん、結果としてナチュラルスピードで2〜3文聞き取れるところまでくれば、リスニング力は高いところまで来ていると思います。

 

スピーキング:英文がすぐにしゃべれる。
→これも、質問されたときなどの特定の場所であればコミニケーションがとれることが目標です。文法は考えずに反応するままに答えたときに、相手に伝わっていることが到達点です。発言が文法的にあっているかはきにしません。とにかく何か英語で反応を返せることが重要です。

 

発音:とにかく自分の意図した文、単語になって通じる。
→日本人が苦手とするところですが、ここは避けて通れません。ネイティブ発音である必要はない一方。言い直さないでも伝わる必要があります。ここはカタカナ発音では駄目です。カタカナ発音で大丈夫なのは、あなたのほうが役職やスキルが上だったり、あなたの意見を聞くことが相手のメリットになっている場合だけです。

 

 

今は英語を使えないけど将来は「英語を使える」ようになりたいと思っている方、ご興味があればこれらを身につけることができた私の学習方法は、こちらで紹介しています。

note.mu